知っていて損をしない結婚式のマナー

結婚式にお呼ばれした時に知っておきたいマナーとは

結婚式にお呼ばれされた時、社会人としてもしっかりとしたマナーを知っておきたい所です。時代と共にマナーも変化しているので、それに対応した知識が必要です。今回は結婚式に出席する時に、恥をかかないためのマナーをご紹介します。

招待状の返信の仕方にもマナーがある

結婚式にお呼ばれする時、必ず招待状が送られてきます。出席するかどうか、返信する必要があるのですが、このはがきの返信方法にもマナーはあります。まず一番重要なのは、招待状が届いたらなるべく早く返信するという事です。新郎新婦はどのくらいの人数が出席するのかを把握し、準備を進める必要があります。なかなか出席の返信がないと、準備を進める事ができせん。相手側に負担をかけないためにも、招待状が届いたら2、3日以内には返信するようにしましょう。
返信用のはがきを出す際は、必ず黒ペンやボールペンで文字を書く必要があります。派手な色の物はもちろん、不祝儀の色とされているグレーを使ってはいけません。もちろん毛筆などでも良いのですが、相手に分かる字で書く必要があるので、慣れていない方は無難にペンなどにしておくと良いでしょう。

どうしても欠席しなければならない時のマナー

結婚式にお呼ばれされても、中にはどうしても出席できないという場合もあるでしょう。そういう時にもマナーがあります。
まず出席と知らせていたのに、直前に欠席しなければならなくなった場合は、渡すはずだったご祝儀をお祝い金として渡すというのがマナーです。出席していないのだから、渡す必要がないと考える方もいるかもしれませんが、すでに料理や引き出物の発注をしている可能性があります。そういった物のお詫びとしても、ご祝儀分はお祝い金として渡すのがマナーとされています。
もし直前ではなく、数週間程前に分かった場合には、渡すはずだったご祝儀の半分程度のお祝い金を渡すと良いでしょう。ある程度早く欠席を伝えておけば、料理などのキャンセルはできるので、直前よりも先方の負担は少なくなります。

結婚式当日のマナー

結婚式にお呼ばれして、当日会場に入ったてからも色々なマナーがあります。まず受付で挨拶する際、ご祝儀を受付係の人に渡す事になります。この時ですが、ご祝儀を掛かりの人から見て文字が見える方向で渡すのがマナーです。この時、腕にコートを持って挨拶をする人もいますが、これはマナー違反なのでコートはクロークに預けてから受付をしましょう。
会場に入る時に荷物を持っていると思いますが、会場内には大きなバッグなどは持ち込まないのがマナーです。もし大きな荷物がある時は、クロークで預かってくれるので預けておきましょう。
もし会場に到着するのが送れそうになったら、必ず会場に連絡しておく事も大切です。間違ってはいけないのが、新郎新婦に直接連絡してはいけないという事です。一緒にお呼ばれされている、友達などにメールで連絡しておくのも良いでしょう。