知っておきたい結婚式のあれこれ

どうする?結婚式のお呼ばれで着る服は?ご祝儀やスピーチは?

結婚式にお呼ばれしたけれども、初めてでどうすれば良いかわからない方は必見です。今回は結婚式での装いのルールやご祝儀の相場など結婚式のルールを詳しくご紹介いたします。また、スピーチを頼まれてどうしたら良いのかわからない方にスピーチのポイントをお伝えします。

結婚式の装い

結婚式での衣装はとても悩むものです。お呼ばれされてからどうしようかと一番悩むのではないでしょうか。一般的なルールを知った上で衣装選びをしましょう。
結婚式では格式が高い礼装の着用が基本になっています。格式の高いドレスとはイブニングドレスやアフタヌーンドレス・黒留袖などがありますが、親族が着ることが多いです。
友人や同僚として呼ばれた場合は和装では色留袖・振袖が良いとされています。小紋などは略礼装で着用している人はいますが、本来はマナーからは外れています。洋装の場合は膝下の丈で、色は白以外のものを着用します。白は花嫁衣裳と被るので絶対に避けないといけません。また、肩を出すことは夜の華やかな設定の時以外は避けます。ショールなどで肩を出さないようにしましょう。

ご祝儀はいくら?

結婚式にお呼ばれされてからご祝儀を準備します。ご祝儀は地域や年代で変わりますが、友人だと3万円包むことが多いようです。結婚式のお祝いは当日の料理代プラスお祝い代として考えます。最低でも料理に1万はかけているので2万円以上は必要です。また、引き出物として3千円以上は貰ってくるのであまり金額を押さえてしまうとお祝いにならず、常識を疑われてしまいます。大抵20代だと2?3万円、30代は3?5万円です。2万円の場合は偶数で縁起が悪いと捉えることがありますが、夫婦のペアをあらわす「2」の意味から敬遠されない方もいます。ただ、気になる場合は5千円札2枚と1万円札1枚の計3枚になるように包む方が無難です。夫婦で出席する場合は2人分まとめて包みます。偶数は縁起が悪いとされているので、ふたりで5万円あるいは7万円包むことが多いです。

スピーチを頼まれたら

結婚式にお呼ばれされて友人代表としてスピーチを頼まれることがあります。とても緊張する場面ですが、大切な友人のひとりとして心を込めて結婚のお祝いをしてあげましょう。スピーチのポイントは3つあります。ひとつは新郎新婦の悪口は言わない。例え、仲が良くても、冗談でも、印象が悪くなるようなことはけして言いません。親族が出席しているので、親族が気持ちよく聞けるような内容にしましょう。また、エピソードをいれて新郎あるいは新婦の人柄をわかりやすく伝えましょう。そして、相手方に対してもメッセージを送りましょう。新婦側の友人であったとしたら「○○さんを大事にしてください。お願いします。」など簡単でもよいのでコメントをつけると良いです。